製品紹介

製品一覧 > 割箸

割箸

 
アスペン割り箸製造工程
アスペン割り箸製造工程
  •  
  • 白樺上小判
    白樺上小判
    • 明治20年代頃に考案。大半は輸入に頼っており、そのほとんどが白樺材である。形状は元禄箸の中央に溝が入っていないものをいう。小判箸の特徴は、天の部分が昔の小判の形状をしている事からこのような呼び名が付いている。
  • 白樺元禄
    白樺元禄
    • 明治30年代頃に考案。わりばしの4つの角を削って持ちやすくするため、中央部にタテに溝を入れたわりばしのことを言う。この名前は元禄時代、幕府の財政の窮余の一策として、金の含有量を減らし、貨幣を改悪した小判を「元禄小判」と呼んだことから名付けられたものである。この分量を少なくするという便法は、着物にまで応用され、袖丈を短くした着物のことを「元禄袖」と称し、今も残っている。わりばしとしては、中級品扱いで、自家用、一般大衆箸として幅広く飲食店、弁当用で使用されている。
  • アスペン元禄
    アスペン元禄
    • 明治30年代頃に考案。わりばしの4つの角を削って持ちやすくするため、中央部にタテに溝を入れたわりばしのことを言う。この名前は元禄時代、幕府の財政の窮余の一策として、金の含有量を減らし、貨幣を改悪した小判を「元禄小判」と呼んだことから名付けられたものである。この分量を少なくするという便法は、着物にまで応用され、袖丈を短くした着物のことを「元禄袖」と称し、今も残っている。わりばしとしては、中級品扱いで、自家用、一般大衆箸として幅広く飲食店、弁当用で使用されている。
  • アスペン元禄天削
    アスペン元禄天削
  • アスペン両口
    アスペン両口
  • 抑両口
    柳両口
    • 神事、正月、祝儀などに使用する箸を「晴の箸」という。中太両細の「両口箸」。
      性別、年齢に関係なく、ハレの寸法(八寸 24cm)で末広がりの「八」の縁起信仰がこめられています。
  • エゾ利久 21cm
    エゾ利久 21cm
    • 安土桃山時代に千利休が考案し、明治末期にわりばしとなる。
      吉野杉(赤身)を使用し、両端を細く削って真ん中が太く、芯が赤味をおびた両細中平箸であり、片口は自分が他方は神が使用する為とも言われています。また、茶席に招待するお客様との一期一会を大事に、出席者に上下の差別なく平等であるという意図で、形が天、地で同形になったともされています。
  • エゾ利久 24cm
    エゾ利久 24cm
    • 安土桃山時代に千利休が考案し、明治末期にわりばしとなる。
      吉野杉(赤身)を使用し、両端を細く削って真ん中が太く、芯が赤味をおびた両細中平箸であり、片口は自分が他方は神が使用する為とも言われています。また、茶席に招待するお客様との一期一会を大事に、出席者に上下の差別なく平等であるという意図で、形が天、地で同形になったともされています。
  • エゾ天削 21cm
    エゾ天削 21cm
    • わりばしの高級品とされ、頭部(天)を大きく斜めにカットされたもので、これは上下を逆さまにするなという意味で、天が削られている形状からこの名前がある。全体には角取り溝加工が施してある。柾目挽きが最高級とされている。
  • エゾ天削 24cm
    エゾ天削 24cm
    • わりばしの高級品とされ、頭部(天)を大きく斜めにカットされたもので、これは上下を逆さまにするなという意味で、天が削られている形状からこの名前がある。全体には角取り溝加工が施してある。柾目挽きが最高級とされている。
  • 竹双生 21cm
    竹双生 21cm
    • 地の部分及び握りの部分を丸くし、天の部分が四角い状態でついている。比較的高級料亭、中華料理店等々で好まれる。
  • 竹双生 24cm
    竹双生 24cm
    • 地の部分及び握りの部分を丸くし、天の部分が四角い状態でついている。比較的高級料亭、中華料理店等々で好まれる。
  • 天削 21cm
    竹天削 21cm
  • 天削 24cm
    竹天削 24cm
  • 利久 21cm
    竹利久 21cm
  • 利久 24cm
    竹利久 24cm
  • 炭化 21cm
    炭化竹天削 21cm
  • 炭化 24cm
    炭化竹天削24cm
  • 杉天削 21cm
    杉天削 21cm
    • 割箸の天を削ってあるので天削と称します。大正5年に考案。夏目、冬目(年輪)の本数、先付の上品さ、持分、面取部の姿、 形、天取部は縦、横同寸と、吟味して作りました。割箸としての最高級品です。柾目の美しさをご堪能下さい。
  • 杉天削 24cm
    杉天削 24cm
    • 割箸の天を削ってあるので天削と称します。大正5年に考案。夏目、冬目(年輪)の本数、先付の上品さ、持分、面取部の姿、 形、天取部は縦、横同寸と、吟味して作りました。割箸としての最高級品です。柾目の美しさをご堪能下さい。
  • あすか箸帯巻 21cm
    あすか箸帯巻 21cm
    • 従来の割箸には横割れや割った所のささくれといった短所があります。 あすか箸は塗箸と割箸の長所を取り入れ、本来杉が持つ清浄性を根本に機能性(使い易さ)鑑賞性(美観) を具体化したお箸です。 名前の由来は、日本で初めて箸を使用したと云われる聖徳太子(飛鳥時代)をふまえ、由緒正しき割箸の材料である吉野杉の 生育地域に敬意を表し、なによりもお使い頂く皆様に、今日より明日は、より幸(香)多かれと祈願して、あすか箸と命名いたしました。
  • あすか箸帯巻 24cm
    あすか箸帯巻 24cm
    • 従来の割箸には横割れや割った所のささくれといった短所があります。 あすか箸は塗箸と割箸の長所を取り入れ、本来杉が持つ清浄性を根本に機能性(使い易さ)鑑賞性(美観) を具体化したお箸です。 名前の由来は、日本で初めて箸を使用したと云われる聖徳太子(飛鳥時代)をふまえ、由緒正しき割箸の材料である吉野杉の 生育地域に敬意を表し、なによりもお使い頂く皆様に、今日より明日は、より幸(香)多かれと祈願して、あすか箸と命名いたしました。
  • らんちゅう帯巻 24cm
    らんちゅう帯巻 24cm
    • 安土桃山時代に千利休が茶道の追求の中で考案し、秀吉を正客にした茶会に使われた箸そのままに、一期一会の真心を込めて作らせて頂きました。 両細中平箸と称し、箸の一方は自身、他方は神が使用するとの食に対する感謝と喜びを表し、神と人、共に食を楽しみながら神が支配する自然の産物(食物) を神より賜り、人は神に生かされているという謙虚さを窺わせ、畏怖の念を持ってかけがえのない食を頂くとまで言われております(神人共食)。又持つ部分を (頭部)天、使用する部分は地と言いますが、この天地、上下を無くし、皆々同列とも言われる心温まる箸の最高級品であります。
  • らんちゅう帯巻 26cm
    らんちゅう 26cm
    • 安土桃山時代に千利休が茶道の追求の中で考案し、秀吉を正客にした茶会に使われた箸そのままに、一期一会の真心を込めて作らせて頂きました。 両細中平箸と称し、箸の一方は自身、他方は神が使用するとの食に対する感謝と喜びを表し、神と人、共に食を楽しみながら神が支配する自然の産物(食物) を神より賜り、人は神に生かされているという謙虚さを窺わせ、畏怖の念を持ってかけがえのない食を頂くとまで言われております(神人共食)。又持つ部分を (頭部)天、使用する部分は地と言いますが、この天地、上下を無くし、皆々同列とも言われる心温まる箸の最高級品であります。
割箸の原料となる自然素材