会社案内

会社沿革

1915年(大正4年) 佐藤忠吉が創業。
1953年(昭和28年) 会社設立(住宅設備と割箸販売)
1973年(昭和48年) 割箸の工場を建設する。(敷地面積5,940㎡長岡市片田町)
パプアニューギニアより割箸を協同輸入して販売を開始する。
1975年(昭和50年) 自動完封箸の製造を開始する。(長岡市城岡工場)
1978年(昭和53年) 中国福建省で割箸の技術指導を開始する。
松小判箸の輸入販売を開始する。
1982年(昭和57年) インドネシア製割箸の輸入販売を開始する。
1984年(昭和59年) 中国黒龍江省哈爾濱より白樺小判箸の輸入販売を開始する。
1987年(昭和62年) 二代社長佐藤忠雄就任。
1989年(平成元年) 営業部と完封箸製造部門を長岡市片田町に移転統合する。
1993年(平成4年) 中国福建省厦門より竹割箸の輸入販売を開始する。
1995年(平成6年) 中国湖南省長沙より竹割箸の輸入販売を開始する。
1998年(平成10年) 中国遼寧省大連より完封割箸の輸入販売を開始。
1999年(平成11年) 日中環境保全友好植林実践会会員となり、中国での
植林活動を開始する。
2000年(平成12年) 舟経木皿の商品企画開発し輸入販売を開始する。
タオルの輸入販売を開始する。
2003年(平成15年) 紙コップの輸入販売を開始する。
2004年(平成16年) 第三代社長佐藤幸雄就任。
2006年(平成18年) ストローの輸入販売を開始する。
2008年(平成20年) SPS樹脂箸の商品企画開発し販売を開始する。
2012年(平成24年) 新自社倉庫竣工(660㎡)
2015年(平成27年) 有限会社佐藤商店から佐藤トレーディング株式会社に社名変更
第四代社長 佐藤浩一 就任。